青森のりんご紅玉を産地直送 紅玉の森

  青森りんご紅玉を産地直送します。コルトさくらんぼ、りんごジュース等。
青森のりんご、紅玉の森 トップページ青森のりんご、紅玉の森とはご利用ガイド配送料金等について
予約・販売中の商品カテゴリー

青森県 紅玉 りんご 紅玉

¥2,180〜(税込み)
青森県 東北 サンふじ サンふじ

¥2,280〜(税込み)
青森県 東北 王林 王林

¥2,280〜(税込み)
東北 青森 サンふじ&王林詰め合わせ サンふじ&
王林詰め合わせ

¥2,280〜(税込み)
青森県産 にんにく にんにく

¥3,000〜(税込み)
美味しい紅玉 りんごジュース アピオス

¥1,500〜(税込み)
美味しい紅玉 りんごジュース 紅玉りんごジュース

¥2,800〜(税込み)

シーズンオフ中の商品カテゴリー

青森からの産地直送!コルトさくらんぼ さくらんぼ

¥2,300〜(税込み)

お買い物カート
カートの中に商品はありません



FAXからでも、ご注文できます。簡単、手軽にお手続きできます。

紅玉の森メールマガジンを始めました。












商品のにんにくが届きましたら、新聞紙に包んで、冷蔵庫で保存してください。
ビニール袋はダメです!


あまりにんにくを動かさないこと。
にんにくは動かされたり、ほぐされたりすると、驚いて芽が出やすくなるんだそうです。


春ころまでは(4月ころ)美味しく食べられます。
4月以降は発芽作業が活発になってきます。 (長期保存の場合はマイナス1〜2度で保存すると発芽が抑制されます)


にんにく味噌やにんにくしょうゆ、にんにくオイルなど、長期保存が利き、美味しく食べられる保存方法があります。作り方も簡単ですので、料理し切れずに余ったにんにくで、是非作ってみてください。


新鮮なにんにくを季節に関係なくお届けするためには、栽培、乾燥、発送はもちろんのこと保管状況を一定に保つことがとても大切です。当地のにんにくは芽止め剤を使用していないため、10月を過ぎるあたりから芽が出てきます。
そのため、9月頃から、にんにく専用の冷蔵庫に保管いたします。
当地のにんにくは、最適な温度、−2度〜−3度で低温貯蔵することにより新鮮さを保っております。

ホーム » にんにくの保存方法

にんにくの保存方法

にんにくの保存方法

一般のご家庭では

商品のにんにくが届きましたら、新聞紙に包んで、冷蔵庫で保存してください。
ビニール袋はダメです!

にんにくを美味しく保存するためのヒント

あまりにんにくを動かさないこと。
にんにくは動かされたり、ほぐされたりすると、驚いて芽が出やすくなるんだそうです。

春まで美味しく食べられます!

春ころまでは(4月ころ)美味しく食べられます。
4月以降は発芽作業が活発になってきます。 (長期保存の場合はマイナス1〜2度で保存すると発芽が抑制されます)

美味しく食べられる保存方法

にんにく味噌やにんにくしょうゆ、にんにくオイルなど、長期保存が利き、美味しく食べられる保存方法があります。作り方も簡単ですので、料理し切れずに余ったにんにくで、是非作ってみてください。

長期間、新鮮なにんにくをお届けするために!

新鮮なにんにくを季節に関係なくお届けするためには、栽培、乾燥、発送はもちろんのこと保管状況を一定に保つことがとても大切です。当地のにんにくは芽止め剤を使用していないため、10月を過ぎるあたりから芽が出てきます。
そのため、9月頃から、にんにく専用の冷蔵庫に保管いたします。
当地のにんにくは、最適な温度、−2度〜−3度で低温貯蔵することにより新鮮さを保っております。



ホーム特定商取引法に基づく表記支払い方法についてプライバシーポリシー





商品のにんにくが届きましたら、新聞紙に包んで、冷蔵庫で保存してください。
ビニール袋はダメです!


あまりにんにくを動かさないこと。
にんにくは動かされたり、ほぐされたりすると、驚いて芽が出やすくなるんだそうです。


春ころまでは(4月ころ)美味しく食べられます。
4月以降は発芽作業が活発になってきます。 (長期保存の場合はマイナス1〜2度で保存すると発芽が抑制されます)


にんにく味噌やにんにくしょうゆ、にんにくオイルなど、長期保存が利き、美味しく食べられる保存方法があります。作り方も簡単ですので、料理し切れずに余ったにんにくで、是非作ってみてください。


新鮮なにんにくを季節に関係なくお届けするためには、栽培、乾燥、発送はもちろんのこと保管状況を一定に保つことがとても大切です。当地のにんにくは芽止め剤を使用していないため、10月を過ぎるあたりから芽が出てきます。
そのため、9月頃から、にんにく専用の冷蔵庫に保管いたします。
当地のにんにくは、最適な温度、−2度〜−3度で低温貯蔵することにより新鮮さを保っております。

ホーム » にんにくの保存方法

にんにくの保存方法

にんにくの保存方法

一般のご家庭では

商品のにんにくが届きましたら、新聞紙に包んで、冷蔵庫で保存してください。
ビニール袋はダメです!

にんにくを美味しく保存するためのヒント

あまりにんにくを動かさないこと。
にんにくは動かされたり、ほぐされたりすると、驚いて芽が出やすくなるんだそうです。

春まで美味しく食べられます!

春ころまでは(4月ころ)美味しく食べられます。
4月以降は発芽作業が活発になってきます。 (長期保存の場合はマイナス1〜2度で保存すると発芽が抑制されます)

美味しく食べられる保存方法

にんにく味噌やにんにくしょうゆ、にんにくオイルなど、長期保存が利き、美味しく食べられる保存方法があります。作り方も簡単ですので、料理し切れずに余ったにんにくで、是非作ってみてください。

長期間、新鮮なにんにくをお届けするために!

新鮮なにんにくを季節に関係なくお届けするためには、栽培、乾燥、発送はもちろんのこと保管状況を一定に保つことがとても大切です。当地のにんにくは芽止め剤を使用していないため、10月を過ぎるあたりから芽が出てきます。
そのため、9月頃から、にんにく専用の冷蔵庫に保管いたします。
当地のにんにくは、最適な温度、−2度〜−3度で低温貯蔵することにより新鮮さを保っております。

カートの中に
商品がありません